2013-08-09

Amazonアソシエイト登録審査ワロタ




スポンサードリンク










見にくるひともいないのに、広告貼って儲けるもくそもないわけですが、飛んで火に入る夏の虫をいつでも受け入れられる準備だけはしておいても損はありません。




サイトの広告で儲けてる人たちの定番は、どうもgoogle adsenseとamazonアソシエイトというものらしいです。


んで、google adsenseのほうは「広告貼っていいよ」という審査に通る敷居が若干高いみたいなので、そっちはもう少し記事が増えてからにするとして、Amazonアソシエイトのほうに早速申し込んでみました。




一日かからず返事がくるらしかったんですが、その例にもれず、昨日の夜に申請して今日の昼にはもう審査結果がきたのです。








結果。













^p^





落とされました。


なんだ、なにがまずかったのか。



下記の項目とやらを見ると、どうもAmazonアソシエイト9か条なるものがあるようです。




最後の一文が就活で落とした人へのお祈りを思わせます。





落とされた可能性としては、1のWebサイトが未完成の場合がまず考えられるけれども、でも記事を5つも書いていれば十分のはず…。



あるいは6のその他知的財産権を侵害している場合。ブログに貼ってる画像はフリーの写真素材サイトから拾ってきたものかRotMGのゲーム画像しかないし、リンク貼るのが知的財産権侵害にはならないだろう…。



まさか、ブログトップのまずは気軽にはじめてみましょう!のところでリンクを貼るのに使った、野獣先輩のコ↑コ↓の文字が露骨な性描写に当たったのか…!?








どうも納得いかないので、ググってみました。すると予測検索の時点で「amazonアソシエイト 審査 通らない」とかでいっぱい出てきます。やっぱりけっこうみんな落とされてるみたいですね。




みんな自分のブログのなにがいけなかったのかといろいろ考察してるんですが、そういういろんな記事を見てみて最終的にわかったことは、

普段買い物に使ってるアマゾンのアカウントで申し込まないと落とされるっぽい」。





おぅ、たしかに、このブログの関連でやるつもりなんでengawaの文字を入れた新しいアカウントで申しこんでました。



それだけで落とされてるんならなんだか腹立たしくもあり、試しにブログ自体や申し込みの際の登録内容の文面やらなにひとつ一切変えずに、アカウントだけ普段買いものに使ってるアカウントにして、落選結果をよこされて1時間も立たないうちに申し込み直してやりました。









結果。














^p^






結論:必ず普段買い物してるアカウントで申し込もう。








スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿